生理中は動かない

生理の話。

経血は夜は出ない。


これを知らない人がまだまだ多いと知ったので、
ちょっと書きたくなったの。



リンパケアをしていくと、
出血の具合が整い、痛みやPMSなどが楽になる。

私もそう。

寝込むほどの痛みが無くなり、
出血も、昼間に出て、寝てる間はほぼ出ない、
という、自然な流れになったの。


本来、月経血は副交感神経優位な夜は少ないのが自然。

なので本当は夜用ナプキンとか必要ないの。

出血が整って初めて、どれだけバランスが乱れてたか実感した。



何故バランスが崩れるか、は、一言で言えば、我慢するから、だよね。

個人差はあれど、生理中はしんどいよね。
身体の機能が落ちる時期。

それをオムツ並みのナプキン当てて
無理して頑張ってれば、
そりゃ夜になっても出血は止まらない。


昼間は動き回らない。
トイレに行った時に流す。
経血の少ない夜は熟睡して、
良い状態で身体を休める。

これが本来の過ごし方。


でも、


我慢して動くよね。

我慢して働くよね。

我慢して家事するよね。

ゆっくり寝てられないよね。


今まで、それが常識の生活してたもんね。
急に休め、と言われても、難しく思うよね。


だけどさ、
交感神経優位な状態のままの身体になって
出血が増えて、夜も寝れなくて、、、

どんどん身体を虐めてるそんな生活、

そろそろ見直そうよ。


経血が増えたりするのは、
「もう動くのやめて」という子宮からのサインです。


よく、閉経前は経血がすごく多くなって
ナプキンを替えても替えても間に合わない、とか
タクシーの座席を汚してしまった、とか聞くのだけど、

「頼むから動かないで!」

っていう叫びじゃないかと思うのよ。


だってさ、毎月、経血と共に強制的にデトックスしてた身体が
デトックス無しでも生きていける身体に変化してる時だよ。

どれだけ大掛かりな工事が進んでるんだろう!
って考えてしまうんだよね。

静かに大改造を見守って、
せめて生理中だけは休んで、
好きなことだけやる日にしたい。



古い内膜をはがして、新しい内膜を作る大仕事。
酸素栄養たっぷりのリンパや血液を届けて
ストレス因子を含まない綺麗な細胞で、
綺麗な内膜を作らせてあげるために、

生理中は休む。


それくらい自分を大切にすると決める。


太陽暦に合わせるんじゃなくて、
女性の身体に生活を合わせる。


それが常識として広がりつつある今の時代。

とっとと自分を虐める生き方をやめよう。


女王様になって、いいんよ。

Solua

身体がゆるめば心もゆるむ -ソルア- 広島市中区白島 JR新白島駅徒歩5分 女性専用、完全予約制 ゆったりのんびり素朴なお家サロンです🌸 友達の家に遊びに行く感覚でお越しください