MAYUMI

さとう式リンパケア・セルフケアマスターです。
広島市中区、さとう式リンパケアサロン・Soluaで
あなたの笑顔を応援します。

記事一覧(31)

マッサージと心の関係

身体のケアは、心のケアです当サロンの施術メニューのリンパケアは肩こりや偏頭痛などの身体の不調、疲れや生理痛など生活の整えなど、健康に導く事に優れています。どこに行っても治らなかった腰痛が気にならなくなっていた、という声もとても多い理想的なボディケアです。にも関わらず、ソルアが『心、マインドの健康』を重視しているのは、リンパケアやマッサージによる身体からのアプローチが心の安定、自己受容などへの早道であり、身体が健康であるためには、心の健康は不可欠だと確信しているから。日本社会は、まだまだ競争社会が根強いようですね。ストレスが強く、自分の身を守るため交感神経優位な状態になり、眠りも浅く、身体は緊張して力が入ったまま。常に戦闘態勢で過ごしている状態です。副交感神経が優位になり、リラックスしていれば、身体の緊張もとけて、しっかり休息を取ることもできます。そして、私たちの身体(脳)の不器用なところが、脳は緊張させる(力を入れる)命令はできるのに弛緩させる(力を抜く)という命令はできない力を抜く、というのは、力を入れろ、という命令を、解除するだけなんですね。しかし、私たち日本人の脳は、とても忙しく、命令の解除の仕方を忘れたのかはたまた解除してても、身体の方に信号が届かないのか筋肉に力が入ったまま固まってる人が、とても多い。(私が、まさにそうでした)これでは心も休まるはずもない。この、身体の過緊張を解くことができるのが、リンパケア様な、微弱な刺激による『優しいボディケア』です。撫でる、触れることで分泌される愛情ホルモン揉まずに、撫でる、触れる、揺らす、というとても弱い刺激しか与えない当サロンのリンパケア。この弱い刺激 = 微弱な振動が脳に届くことで分泌されるのがオキシトシンというホルモンです。オキシトシンが分泌されると、副交感神経優位へと導き、筋肉の過緊張は解かれ、血圧が下がり、リラックスした状態になります。また、オキシトシンは『愛情ホルモン』とも呼ばれていてハグやスキンシップによりオキシトシンが分泌され、親子やパートナー間の愛情を深めます。その結果、安心感に満たされ、気持ちも安らいでいきますね。身体だけではなく、心も疲れて、なんとなくイライラする日々を過ごしている人たちにリンパケアやセルフケアで、身体だけではなく、心の安心感を手に入れて欲しい。それがソルアの願いです。長くなりましたので、続きはまた次回に。

冬の土用がやってきます

久しぶりの更新です。ここ数週間、SOS要請が多く「もう限界〜助けて〜〜」と数名頼ってきてくださいました。「もう無理…あそこに頼ろう…」と思い出してもらえるって正直、嬉しいです。限界が来る前に、普段から来てくれればなお嬉しいんですけどね(笑)明日は新月。冬の土用に入ります。いわゆる季節の変わり目ですね。節分までの期間、いつにも増してご自愛しましょうね。疲れを残さないように時にはサボる事も自分に許可しましょ。身体に摂りこむものは本当に好きなもの、美味しいと思うものを本当に食べたい量だけ、食べたい時に。断捨離もいいですね。私は、SNS断捨離しています。アレもコレも情報が流れて来るのに疲れたので自分が楽しくなる情報だけにしています。自分の本音が分からない、という人は情報断捨離、とても良いですよ。必要ないエネルギーは受け取らずになるべく身体が喜ぶ物だけにしていきましょう。自分に必要か、そうでないか自分が嬉しいか、そうでないか、は身体に反応が出ますよね。モヤモヤする、とかザワザワする、とかキュン!とする、とかお腹が暖かくなる、とかほっこり安心する、とかetc、etcその感覚、信じてあげてね。身体の反応が分からない、という時はまずはゆるめて休むのが優先。ソルアのケアを受けに来てくださいね。

冷え性さん、冬支度始めてくださいね

冬支度始めてますか?買い物中に、鍋物関連が目に付いたり、衣替えしたり、着々と冬バージョンに切り替わっていってますね。冷え性の方は、温活も気になるところです。靴下3枚重ね、生姜湯、半身浴、あったか肌着、etcその前に、体の中の水の状態を意識してみてるかな?体の水、リンパ間質液、いわゆる体液。血液もリンパも、綺麗に流れて循環していれば、清んだ状態で身体中を掃除して、ご飯(酸素・栄養)を届けてそうなれば身体は熱を出せるのだけど、呼吸が浅い。常に頑張って力を入れてるから、力の抜き方も分からない。感情も吐き出せず、身体の中で溜め込んでる。そんな毎日で、気も水も感情も、流れが悪くなってる。そんな感じじゃないですか?ちゃんと循環してない水は、澱んで、ドロドロになって、老廃物もヘドロのように溜まって、混沌とした状態に。      排気口も詰まって、ホコリと古い油で汚れてドロドロ。そんな手入れされてないストーブみたいな身体に一生懸命に火をつけようと外からアプローチしても変わらない。(私の体験談)        じゃあ、どうしましょう?     筋肉をゆるめて、体液が循環できるようにしてあげれば良いんです。身体の隅々まで、リンパが巡って、空気も沢山吸い込めて、気持ちもサッパリとリラックスできれば、細胞は元気に熱を作ってくれます。         筋肉をゆるめるっていうのは、単に体を柔らかくするとか痛みを消して、また頑張る日々を送れるようにするとかそういうことだけじゃなくて、本当の意味で、自分の身体を労って、元気にしてあげること。冬支度、もう始めてくださいね。

冬に向けて身体も切り替わっています

立冬に向けて、体が夏仕様から冬仕様にチェンジしています。要らないものを排出する為に、鼻水とか増えてた人も多いでしょうね。寒くなると筋肉も余計に硬くなるし、なんかダル〜いとか、胃腸が弱くなるとか、眠くてしょうがないとかそれぞれ不調を感じやすくなる季節の変わり目。いつも以上に意識して、呼吸しましょうね。Soluaでも施術をしたり、セルフケアも伝えたりしてますが、まず何よりも忘れてはいけないのが、呼吸。深くゆっくり呼吸するだけでも、身体は循環してくれますよ。腹式呼吸とかを学んだ人は、筋肉を使って呼吸しがちですがそんな頑張る呼吸じゃなく、ゆっくり、ゆっくり深く長〜〜くため息を吐ききるように息を吐くと同時に、肩の力が抜けて、下がって行くようにお腹に溜まった古い息を出し切ったら、胸も背中もお腹も腰も膨らむくらい、たっぷり吸い込み、またゆっくり長〜〜く吐き出していく。そんな呼吸を、1分でもいいので、やってみてください。その時だけは、嫌なこと、悲しいこと、悩みなどは一切忘れて大好きなもの、大好きな景色、幸せ気分になれるものを思い浮かべて最高に綺麗な空気を吸い込むイメージができると尚良いですね!この呼吸だけでも、かなり身体が柔らかくリラックスできてるはずです。そして、呼吸をしたついでに、身体に触れて、そっと撫でる。

からだの声って、なんでしょね

からだの声を聞きましょうと、よく言いますよね。私も言ってます。で、からだの声って、何?って話ですよね。簡単に言えば、体に起きる反応です。お腹が空いたら、くぅ〜〜…って鳴りますね。(鳴った経験が無い人は食べ過ぎです。胃を空にしてあげる時も作りましょう)恐怖を感じたら、心臓あたりがドクン!ってする。泣くのを我慢したら(特に反論したい時)喉が痛くなる。寒ければ、鳥肌が立つ。疲れたら、肩がこる。そういう反応全て、からだの声です。↑これらは、分かりやすい反応なんですが、微細で見逃してしまう反応もあります。本当に聞いて受け止めてあげなきゃいけないのは、そういう見逃しがちな反応の方。あなたが本に夢中になってる時に誰かから何かをやってと頼まれた。その時、なんとなく嫌なんだけど…仕事してるわけじゃ無いし…暇してるって言われても仕方ないし…聞いてあげなきゃ怒られるかな…と思ったとします。体のどこかが、ザワッとしたのに大した事じゃない、と無視して夢中になってた本を中断しました。ママ友との会話で、誰かが愚痴や悪口を言い始めました。胸の奥で、モヤ〜〜ッとしてるんだけどこれに付き合わないと、何言われるか分からないし…と、自分の反応を無視して聞きました。こんなふうに、些細な反応を無視されたからだ(魂)の声は、もっと気がついてもらえるように、徐々に大きな反応をするようになります。その行き着く先が、疾患や不調ね。胃潰瘍とか、そのものズバリだよね。