食事はよく噛んで食べる、のは何故でしょう?

食事の時は、ゆっくり30回噛みましょう。


って昔から教わりましたよね。

これ、何故かを考えたことありますか?


私はリンパケアを学ぶまで、考えたことなかったです。


食事をよく噛むと、消化が良くなる。
というのはなんとなく知ってましたが、
何故、噛まないと消化が悪くなるのでしょう?



答えは、唾液と良く混ざらないからなんですね。

食べ物をよく噛んで、唾液としっかり混ぜることで、発酵準備が完了します。

ちゃんと準備ができた状態で胃袋に届けば、胃はしっかり消化できます。

白米ご飯であれば、30回噛むだけで、消化活動のほとんどが完了してるそうです。


もし、ちゃんと噛まずに飲み込めば、胃袋がちゃんと消化できず、ストレスを抱えます。

胃が消化できなければ、小腸が頑張らなければいけなくなり、ストレスがかかる。

ストレスで消化できず大腸に届けば、大腸にもストレスがかかる。

結果、冷えなど全身に弊害がでます。


全身がガチガチに疲れていると、唾液の分泌が減ります。

唾液の分泌が減れば、消化活動も弱くなります。

消化が弱くなれば内臓が疲れます。

内臓が疲れれば全身も疲れます。

はい、悪循環。




リンパケアを受けた人は、唾液の量も増えて、口腔内が潤い、免疫力もアップします。

唾液って、顎から出てくるのですが、
その、顎に届く前は、仙骨から背骨に沿ってやってきてるんですよ。

背骨周りの循環が悪いと、唾液の廻りも悪くなりますね。


ちょっとスピ寄りな話をすれば、
唾液の出発点とエネルギーの出発点は同じです。

身体をゆるめて整えることは、酸素、栄養、免疫などだけでなく、
生命エネルギーの循環も良くすることになります。

肉体的にも、精神的にも、魂的にも、元気になれば、人生も輝いていきますね。


変わりたいと思った人のお手伝いできます。
いつでもリンパケアを受けにきてください。


食事、胃に関して、意識を高めたい人は、SS健康法の伝授会をオススメします。
伝授会をきっかけに、自分を労った食事が出来るようになった人たちが沢山いますよ♪

Solua〜さとう式リンパケア〜広島

身体がゆるめば心もゆるむ -ソルア- 広島市中区白島 JR新白島駅徒歩5分 女性専用、完全予約制 ゆったりのんびり素朴なお家サロンです🌸 友達の家に遊びに行く感覚でお越しください